楽しいお正月

一年を楽しもう

楽しいお正月

日本では1月1日からお正月に入り、新年を家族や知人などと共に祝います。
この時期には学校は冬休みになりますし、企業は接客業などを除けばほぼすべてのところが正月休みに入ります。

おせち料理と呼ばれるお祝い料理を食べたり、お雑煮や甘酒などを用意して盛大に行うところも多いのではないでしょうか。
また、家族だけでなく親せきなども一同に集まって新年を祝うことから、子供同士はもちろん大人も親睦をさらに深める機会となります。

そして、この時期には新年が良い年となるように寺や神社にお参りにいくところも多いでしょう。
これを初詣と言って、全国各地の寺や神社が一年でもっとも忙しくなる時期でもあります。

また、正月中に会うことができない人に新年の挨拶の意味も込めて年賀状を出す習慣が日本にはあります。
最近では携帯電話が普及してきたこともあって、友人間ではメールで済ませることも多いようですが企業内や親類間では年賀はがきを出すことの方が多いでしょう。


お正月の文化の変化について

お正月は伝統的な文化行事の代表的なもののひとつとして、古くからさまざまな習わしがありますが、現在も尚、続いている習わしは減っている傾向も見られます。
まず、年末から手間暇かけて作って元旦を迎える際にみんなで食べる風習のあるおせち料理は、今も作られているものの、スーパーや料理店、また通販などで出来上がっているおせち料理を購入する人も増えています。
これは共働きの夫婦も増えて、年末年始くらいはゆっくりしたいという主婦が多くなっていることが伺えます。
またインターネットや携帯の普及により、通販ショップでおせち料理のほかにもカニや餅や福袋などを購入する人が多いのも、文化の大きな変化といえるでしょう。
一方子供たちの遊びについても、変化が見られます。
昔は羽子板や凧揚げ、コマ回し、福笑いなどがお正月の子供の遊びとしてよく見られるものでした。
最近はなかなか、羽子板やコマなどで遊んでいる姿は見られません。
河川敷や田舎などでは元気に走り回って凧揚げをしている風景はたまに見られるものの、それよりも家の中でテレビを見たりゲームをして過ごす子供たちのほうが増えている傾向にあります。
そのほかに文化の変化として、お正月に旅行をして国内の温泉や海外などで過ごす人も近年非常に増えてきました。
みんなで集まって年を越したり親戚の家を挨拶に回るなどの昔ながらの過ごし方よりも、もっと自由で個人の時間を大切にする方針が目立ってきています。

check

ハンドメイド雑貨でオシャレ
http://shesday.co.jp/
交通事故の示談は慎重に。
http://www.ishii-law.jp/cn9/pg95.html
ゲーミングPCならツクモ
http://www.tsukumo.co.jp/bto/pc/game/
あこや真珠、パールアクセサリー販売|今啓パール
http://www.imakei-pearl.co.jp/